トップページ「迷いは選択の問題」     ライフスタイル

マザー通信

「迷いは選択の問題」     ライフスタイル
2013年11月25日
[迷いを捨てる]        ライフスタイル
○選択する習慣
迷いは、様々な局面で私たちを悩まします。
・結婚相手
・就職
・子供の将来
日常生活では迷いはついて回ります。

迷いを捨てる事は、難しいこととは言えませんが、自己の利害が絡み複雑な問題になる場合も多いでしょう。
迷いから脱出するポイントを上げますと、
迷う場合、3種類の選択より選ぶ、
例えば、就職の場合等
1、就職する
2、就職しない
3、進学や留学を検討する

このように選択の幅を狭めますと迷いの中身より、迷うことから脱出しやすくなります。
迷いの解決法の一つとして活用して下さい。

迷いは、好き嫌いとも密接に繋がっています。
好きな選択をしたい、は当然の帰結です。
嫌いな事はしたくない。
この二つも迷いを増幅する要因です。
結婚にしろ、就職にしろ、完全一致はむしろ極稀な事になります。
大概は妥協の積み重ねの産物と考えればいいでしょう。
また、迷う時点では、結果が出ていませんから、結果の心配も加わり私たちの頭を混乱させてしまいます。

迷いで最大のものは、「to be or not to be」とも言えるでしょう。
生きる事に価値があるのかないのか?それが問題だ、と英国の劇作家の台詞に出てきますが、この問題は、人生を根底から揺るがす、「迷いの真の原因」でもあります。
回答は賢者によって明らかにされましたが、一度各人で考えてみるのも有意義でしょう。

このページのトップへ

碁フレンドシップ