株式投資と注意点

株式投資は、預貯金のように元本保証はありません。
ハイリスク、ハイリターンの資産運用になると言えます。
投資するお金は、10年後に2倍に上がる事もありますが、
投資した会社が業績悪化して倒産し、投資した株券が無価値になる場合もあります。
冒険者「コロンブス」が、危険を冒して、未知の大陸を発見するために、
大洋の航海に乗り出しました。
当時の女王と面会し出資を募ったように、アドベンチャー精神が必要な資質の一つと言えます。

一方、株式投資家で、世界有数の金持ちになった方もおります。
実際面では、株式投資で成功する方は、2割程度と推測できます。 残りの方は、損をされ撤退(失敗体験)で終わった事でしょう。

このような失敗経験からも、人は学べると思います。
私の考えでは、コロンブスのように注意深く市場の流れを読むならば、成功する人もぐっと増えることと思います。
事実、多くの国では、政府資金の一部を、株式投資に回しているのが現実です。

「無欲万両会」では、受講生の多くの方が株式投資で、少しは成功でき、投資の中級者へと上達できれば幸いと思っています。

新着情報

2020年10月10日 第15回 株式投資講座 「10年スパンの観察」
「ビフォーアフター」 ・10年スパンで見る 株式投資では、「過去に投資した銘柄」などに関心を…
2020年09月26日 HP、一部リニューアル「株式投資用語」・「新講師」・「各種バブル」・「メール講座案内」
ホームページ「追加項目」 ■「株式投資用語集」 ■「各種バブル」「恐慌等」「人物伝、投資、実業家…
2020年09月05日 「 オンラインメール講座」 開校
メール講座案内 2020年9月よりメール講座を開始致します。 受講希望の方は、お問い合わせフ…
2020年08月10日 第14回 株式投資入門講座 「タイミングはいつか」
「タイミングと割り切り」 ・株式の売買の時機 株式投資で購入(買付け)の時機をいつにするのか…
2020年06月10日 株式投資入門講座 第13回 「単純化してみる」
「単純化する」収入−支出=利益 ・株式投資にも当てはまる。 株式投資でも投資姿勢を理解するた…
2020年05月10日 株式投資用語 2回目 「ROE」 自己資本利益率
株式投資用語解説「ROE」(自己資本利益率) ・自己資本利益率=1株当たりの当期利益÷1株当たりの…
2020年04月10日 株式投資講座 第12回 「子どもの頃の経験」
「子供の頃のバイト経験」 □新聞配達 投資家として財をなした人も初めから金持ちではありません…
2020年02月10日 株式投資講座 第11回 「事業家と投資家」
「事業家と投資家」 事業の拡大局面では、企業が小さな惑星を呑み込むように 買収等が行われたりしま…
2019年12月10日 第10回株式投資講座 「社会貢献と寄付」
2、相続と寄付 □税金対策と社会貢献 株式投資家の何割の方は、少しは資産を築く事でしょう。 …
2019年11月10日 第9回株式投資講座 「投資は遠い道のり」
1、「投資は遠い道のり」 私たちは株式投資で何を求めるのでしょうか、 殆どの人は、ハイリター…

投資理念と社会貢献

株式投資を通じて、資産管理の健全化を図る。
同時に富の社会配分是正の一助として、
社会貢献財団の設立、教育、医療、幼児保護、自然・動物保護団体、高齢者福祉団体等への寄付をお薦めします。

対象団体:ユニセフ、盲導犬協会、国境無き医師団、その他

初回・打合せ

あなたさまの現在の株式の知識
投資経験や講座で学びたいこと、
初回打合せ時に、あなたの
希望と時間などの調整を
無料相談で実施しています。
(初回のみ)
※会場費や交通費等は各自負担です。

講座内容

・株式投資の基本知識(入門編・中級編)
・投資銘柄等の選定法
・投資原則の学習
・財務諸表や経済記事資料の見方

[オンライン講座内容]
・メールを使って月1〜4回の間で講座を開催します。
・第一回目は、無料相談(打ち合わせ)を実施します。
・株式投資の知識及び経験で講座内容が異なります。
・「入門・初心者」の場合は、初歩からの知識等も盛り込みます。
・「会社四季報」「日経新聞」等の活用法等を講座で実施します。
・銘柄の実際の分析を行っていきます。
・経済現象とその影響の大きさを講座で伝えます。
・実際の銘柄で、株価推移から他の銘柄へ応用します。
・その他受講者からの質問等を受け付けます。月1回程度。
・電話、ファックスを利用する場合もあります。
[講座料金]
〈入門・初心者コース〉 月2回程度 全6回、30.000円(消費税含む)
〈経験者・中級コース〉 月2回程度 全6回、40.000円(消費税含む)
月1回程度の質問等もサービス料金に含まれます。
※銘柄の推薦は原則致しません。
  各自で銘柄の選定等は行ってください。
  銘柄診断は、月1回の質問でも受け付けます。(1回に1銘柄まで)

講座料金

入門講座:1回5,000〜10,000円 (1〜2時間)
  (会場費、講師交通費別途必要です。)
投資経験者
1回8,000〜16,000円 (1〜2時間)
(グループレッスンは、別途)
講座期間は1回〜3回
初心者入門講座は、3ヶ月から半年間です。

  • ・初心者コース (3ヶ月コース)5万円/6回実施
  • ・上達コース(6ヶ月) 10万円/12回実施
  • ・中級者コース(3ヶ月間)5万円/5回実施

講座対象者

  • ・これから始めて株式投資を考えている方
  • ・初心者グループ講習(各会場)
  • ・投資経験者で中級を目指す方
  • ・企業財務運用係、財団投資係、資産管理運用係等

グループレッスン

10名以上の場合は、グループの担当者と講座の打合せをさせていただきます。

  • ・会場場所、日程、レッスン時間(半日、1回のみ、計3回等)
  • ・講座回数(1回、計3回等)
  • ・講座費用

※反社会勢力や一部金融機関の方等、講座をお引き受けできない場合があります。

講師紹介

(P・N)高橋 良兼 
20歳代後半より:株式投資を実践
邱永漢「株式投資入門」、ウォーレン・バフェット「株式投資」
2氏の著書をベースに「株式投資」実践する。
バブル時前に日本株式を全部売却、株式投資を一時休業する。
「時機」を見て株式投資を再開する。
1970年:始めての株式投資は、「東芝」1000株実施、
1988年:一旦全保有株式売却、15年ほど休眠
2006年頃:再開、現在に至る。
失敗体験、2割、成功体験5割、
「無欲万両の会」参画。

(P・N)森村 圭司
元ベンチャー企業支援、キャピタル関連世話人。
「三方よし」(自分よし、相手よし、社会よし)を信条
2010年〜2019年 上場株式投資運用平均利回り、年間18%達成。
年間運用30%以上 「A食品、B化粧品、C米菓、等」
年間10%未満 「K製作、H文具、S製薬等」
2020年、「M研究、R不動産投資」年間50%上昇後売却(単年度平均22%上昇)
業界分析、銘柄選定3か月程かける。
短期投資から長期投資までバランス型。

株式投資用語集

・ROE
 Return On Equity(重要指標)
 [自己資本利益率]
 〈計算式〉
 ROE=当期純利益÷自己資本×100
 投資した資金を何年で回収できるかの指標
 例えば、1億円を投資したとき、
 ROEが10の場合、投資した1億円が10年で回収できることを意味します。
 経営効率を表す指標と言えます。
 ROEが5の場合、投資金が20年で回収できることになります。
・ROA
 Return On Asset
 [総資産利益率]
 総合的な収益性を示す指標
 〈計算式〉
 ROA=当期純利益÷総資産×100
・PER
 Price Earnings Ratio
 (重要指標)
 [株価収益率]
 〈計算式〉
 PER=株価÷一株当たり当期純利益
 株価が2000円の場合、
 その銘柄の一株当たり純利益が100円の場合、
 PERは、20倍となります。
 PERが15以下の場合は割安と言えるでしょう。
 銘柄を購入するときの指標です。
・BPS
 Book Value Per Share
 [一株当たり純資産]
 BPS、総資産が100億円で負債が90億円の場合、
 純資産は10億円になります。
 発行済み株式数が1億株ならBPSは、10円になります。
 銘柄の成長性を示す指標の一つです。
 順調に増加している場合、成長していると言えます。
 バリュー投資のグレアムが株式分析時に当時用いた指標であり、
 会社が解散した時の支払い能力。
・EPS
 Earnings Per Share
 [一株当たり当期純利益]
 株価収益率(PER)に関連する指標
 ESPが上昇すると株価収益率が下降する関係にあり、
 銘柄の成長性を示す指標。持続的にESPが上昇する銘柄は成長性が高い関係にあります。
・PBR
 Price Book Value Ratio
 (重要指標)
 [株価純資産倍率]
 一株当たりの純資産の何倍かの株価がついているかの指標。
 PERとともに成長性を測る指標。

事例集

・割安株
 株価2.400円サービス業、PER12の場合、
 一株当たり当期純利益は、
 2400÷12=200円となります。
 前年度の一株利益が、190円の場合、順調とみることができます。
 来年度予測値が210円ならば順調に成長していると言えます。
・割高株
 株価5.500円 分野「食品、PER55倍」
 一株当期純利益100円の場合、株価収益率は割高と言えます。
 その場合、会社の財務内容を子細に調査するほうがよいでしょう。
 年間の株価の高低を見て、少なくとも安値圏で購入するようにすべきです。
 IT関連銘柄にもPERが50以上は、多い現象です。
 株価が急落する場合があります。
 要注意です。

株式投資の歴史概要

[バブルと歩む]
・チューリップバブル
 オランダで起こったチューリップの球根を巡り
 国中で投機熱が起こる。
 その後バブルが弾けて、堅実な道を歩む国民性の教訓になる。
 近代史上現れた初めての投機熱とバブル崩壊。
・鉄道バブル
 蒸気機関車の発明によって、鉄道に新たな局面が開かれる。
 英国ではこの技術革命に投機熱が高揚し、
 空前の「鉄道投機」が起こる。
 20年ほど後にこのバブルは崩壊する。
 その後日本に伝搬して、バブル長者を多く生む。
・自動車バブル
 ドイツで発明された自動車は、やがてアメリカに
 移行し、自動車産業の空前の繁栄をもたらした。
 その波は、数十年後、日本にも押し寄せ、1960年代以降日本の自動車ブームが起こり、
 現在のトヨタ自動車等、日本屈指のメーカーが現れる。
・家電各種バブル
 「冷蔵庫・洗濯機・テレビ」その他
 白物家電といわれるブームが起こり、
 松下電器を世界的電気メーカーへと押し上げる。
 その間家電メーカーは、5倍から10倍程の株価の上昇を遂げる。
・ITバブル
 (Windows95)
 Windows95の発売により世界的に空前のパソコン普及ブームが起こり、
 その後の社会インフラとして成長する。
 その間、グーグル、アップル、Facebook、アマゾン、
 等の巨大IT産業が世界の情報市場を、席捲し始める。
 中国の関連IT産業が米国発の巨大産業に対抗し始める。

暴落・恐慌等

・スペイン風邪
・大恐慌始まる
 第一次世界大戦時に流行して、最悪の感染症となった。
 スペイン風邪は、戦地で流行し、その情報が戦時下で
 伏せられたのが感染の拡大を助長し、人類史上ペストの流行の死者数に並ぶ大災難となる。
 5000万人〜1億人が感染症の影響で死んだと言われる。
 このスペイン風邪が遠因となり、
 第一次大戦後の静かな時期を経て、
 1929年にニューヨーク市場で大恐慌が始まる。
 その年一旦株価は戻すが、その後数年の間に83%も急落し、
 世界中を未曽有の不況へと追いやる事になり、
 第2次世界大戦の原因となる。
 20年ほどかかり、株式市場は恐慌前の水準に平均株価は戻った。
・日本のバブル崩壊
 日本では1989年に株価はピーク時38.000円台の
 日経平均株価となる。
 不動産価格も天井知らずに上昇する。
 政府はこの異常事態に、金融引き締め策で対応する。
 その効果で、先ず、株式市場のバブルが弾ける。
 2年後、頂点であった、不動産価格が崩壊し始める。
 それから20年以上にわたって、日本の空前の
 資産価値の下落は低迷したままになる。
 30年後の2019年には、23.000円の日経平均株価まで戻るが、
 バブル前の水準にはまだ遠く及ばない。
・リーマンショック
 米国発、住宅の劣後ローンの混在投資信託の影響で
 その実態が見えず、世界中で経済パニックの原因となり、
 戦後最悪クラスの不況の原因となる。
・コロナ感染症
 中国の武漢で発生したと言われる感染症。
 インフルエンザに似た厄介な感染症が世界に拡大していく、
 現在その影響に世界中が苦しんでいる。
 前年度20%〜50%GDPの下落は戦後最悪の水準で世界経済を直撃している。

人物伝(実業家・投資家関連)

・山崎種二
 (実業家・株式投資家)
 山種証券創業者、種は2つ植えるとどちらかが育っていく・・
 (城山三郎の「百戦百勝」のモデル)
・邱永漢
 (作家・株式投資家)
 株式投資の神様と言われる。
 中国が次代の覇者になることを早くから予見、
 時代潮流を読む目に非凡な才能を発揮、
 作家としても活躍、「西遊記」等ある。
・森泰吉郎
 (学者・不動産投資家)
 戦後日本の東京不動産王、バブルの先駆的投資家、
 学者でもあった森氏は、金融知識をフルに活用し、
 日本を代表する現代的森ビルの基礎を築く、
 当時フォーブスで、世界一位の富豪にもランクされた。
・カーネギー
 (実業家・慈善家)
 近代米国の立志伝中の実業家、鉄鋼王と呼ばれた。
 晩年は慈善家としても活躍、
 「図書館」の寄贈、音楽ホール「カーネギーホール」
 「カーネギーメロン大学」を創設。
・グレアム
 (金融学者・株式投資家)
 近代株式市場の長老、コロンビア大学で金融論を担当、
 「バリュー投資の父」と呼ばれ、その門下生に
 ウォーレン・バフェットがいる。
・バフェット
 (株式投資家)
 11歳で株式投資を始める。
 その後、コロンビア大学でグレアムより株式投資の実践を学ぶ、
 26歳より独自の手法でバリュー投資を抜け出し、「優良銘柄長期投資」で、
 世界有数の富豪となる。
・ビルゲイツ
 (実業家・慈善家)
 パソコンの無料OSを改良し、Windows95を発売、
 たちまち世界標準の基本ソフトとして普及。
 爆発的インターネット時代の黎明を開く、
 その後実業界を引退し、父の勧めもあり、
 慈善家として活動、WHO出資、難病財団を妻と共同で設立

  • ・「明るく」
  • ・「マナーを守る」
  • ・「正しい投資姿勢」が習得できる。

わかり易い講座になるよう心がけていきます。

  • 〈講座対象者〉
  •  ・初心者向け
  •  ・投資経験者向け
  •  ・企業投資担当者
  •  ・財団等投資係
  •  ・資産運用係
  • ◇ 個人向け
  • ◇ グループ向け

お問合せフォーム

お問合せは、
☎ 078-591-3545

お問合せフォーム

出張可能エリア

  • 主に京阪神地区
  • ・京都・大阪・神戸周辺地域

地域情報ポータルサイト 神戸タウンガイド