ナレッジコムは悩み相談、企業相談のポータルサイトです。
TOPページ > ナレッジ通信

マザーポータルサイト

起業・創業

相談室
相談室
相談コーナー
相談室のしくみ
相談員紹介
会員登録
会員登録について
登録申込フォーム
会員紹介
賛助、友好団体
会員フォーラム
商談室
紹介コーナー
商談室のしくみ
商談申込フォーム
eコマースBOXとは?
eコマースBOX申込フォーム
相談員登録
相談員登録について
登録申込フォーム
ナレッジ通信
最新情報
バックナンバー
寄附コーナー
法人
個人
ナレッジコム概要
事業理念
運営責任者DATA
特定商取引法に基づく表示
お問い合わせ

ナレッジ通信

最新情報

「歴史に学ぶ」        仕事観
「歴史に学ぶ」       仕事術   
○歴史は繰り返さない

私達は当たり前のように「歴史は繰り返す」を鵜呑みにします。
その点は各自で理性的に判断しなければなりません。
コンドラチェフの波が70年程度の周期で起こると言われます。
それは経済の不況期=恐慌サイクルに適応されることもありますが、根拠は不明確です。
80*20の法則があると言われます。
これは傾向分布を分類するときの手法として使われたりします。
名刺は黄金比率と言われ、最も安定した比率の一つと認知されます。

これらは、経験則から判断され採用されていますが、科学的根拠は薄弱な部類に入ります。
もし貴方が、歴史的発見を目指されるなら、世間で流布されている価値観に疑問を持つことが重要になります。
万有引力の法則は、アインシュタインの相対性理論で、一旦覆ったように見えましたが、実際は別の自然法則であることが、最近では理解され始めました。

さて哲学の愁眉「我思う、故に我あり」はデカルトが打ち立てた哲学原理です。
これに対して釈迦は2500年前に「諸法無我」を発見されました。
どちらが正しいかは、各人が発見すればいいでしょう。

私達の知識は不完全です。その前提から頑迷な知識に固執してはなりません。

私達の心は直に頑固に固定化と安定を求めます。
それによって得られる幸福は一つもありません。
心の柔軟性を育てるのは、各人の仕事術のトップに位置します。