ナレッジコムは悩み相談、企業相談のポータルサイトです。
TOPページ > ナレッジ通信

マザーポータルサイト

起業・創業

相談室
相談室
相談コーナー
相談室のしくみ
相談員紹介
会員登録
会員登録について
登録申込フォーム
会員紹介
賛助、友好団体
会員フォーラム
商談室
紹介コーナー
商談室のしくみ
商談申込フォーム
eコマースBOXとは?
eコマースBOX申込フォーム
相談員登録
相談員登録について
登録申込フォーム
ナレッジ通信
最新情報
バックナンバー
寄附コーナー
法人
個人
ナレッジコム概要
事業理念
運営責任者DATA
特定商取引法に基づく表示
お問い合わせ

ナレッジ通信

最新情報

「人間関係、部下を育成する」   人間関係の改善 
「人間関係の向上」 5回目  ナレッジ通信

部下との関係
1条 部下を持つ人は、自分の仕事より部下の用件を優先するよう考える。
・小さな仕事を任せてみる
・人間関係が出来上がる前に、叱ることは避けるほうがよい
・しかる場合は二人だけのところでする、一方褒めるときは大勢の前を心掛ける。
・自分の個人的な用事に部下を使わない。
・弱点は気付かなければならないが、長所は伸ばすように配慮するのが自分の役目である。
・部下が相談しやすい環境を普段から心掛ける。
・人間関係の基本は先ず自らが与えることを忘れないことである。
・経験則を相手がわかりやすいように伝えること。

2条 関係の修復 誤解や行き違いによる小さなずれの修復
・ミスを忘れ、気持ちの上で0からの関係でスタートする。
・自分の過ちを含め自分の原因部分について、「先日は連絡が遅れて申し訳ありませんでした」などの会話からスタートするのもいい。
普段からの接し方が、言葉・態度・マナーが適正なものならば、悪い方向へと進むことは少ないでしょう。

3条 会議等で対立意見になった場合の改善策
・対立を忘れ、気持ちの上で0からの関係でスタートする。
・自分の言葉使いの悪い点を誤る。その時点での改善に拘らず、廊下であった場合等自分から挨拶を交わしていく。
・穏やかな話し方を心がけ、友好的な雰囲気を自分から発していく。