トップページ第5回ネットショップ運営 オンラインセミナー 「画像写真と配置」

神戸ホームページ制作/新着情報

第5回ネットショップ運営 オンラインセミナー 「画像写真と配置」
2011年05月28日
「ネットショップ運営」 オンラインセミナー
第5回目: 「画像写真の撮影と配置」
○多くの中から選定する

商品画像の影響力は、閲覧される人の感覚に、強く訴えかける力があります。
ネットショップの画像も店舗内で撮影されたものから、写真スタディオで撮影されたものまで、その完成度も様々になります。
プロの写真撮影を頼まない場合には、撮影する人が、撮影技術を磨く必要性が出てきます。
撮影の基本は、様々なアングルから、たくさんの枚数をとることにあります。
同じ画像も同じアングルから2~3枚撮影しますと、出来上がった画像に出来不出来が認められます。それらの中から、体裁のいい画像を選択して、商品説明のために、アップロードします。

撮影等は、郊外に出かけて、色々な風景や人物写真を撮る練習をすれば、徐々に上達していき、それを商品説明として使えるレベルにまで達するでしょう。
写真雑誌等を教科書として、学習するのもいいと思います。

さて、商品撮影等は、2種類のアプローチの仕方があると言えます。
・固定していて、撮影者が移動しながら画像へとアプローチする。
・小さなものならば、撮影するもの自体を、色々動かしたり、装飾したりすることもできます。

撮影する被写体の内で、静物と人物像の2種類があります。
特に人物像は、親近感等を与えるのには、最適な被写体になり、見る人への訴える力は、
静物を遥かに超えていきます。
これらの有機的に、人物と静物(商品)をミックスして、上手く閲覧され購入されるユーザーへとアピールしてください。

  コメントは、WEBコンサルティング担当

このページのトップへ