トップページ「ネットショップ運営」 オンラインセミナー 第3回目「商品ワードを決める」

神戸ホームページ制作/新着情報

「ネットショップ運営」 オンラインセミナー 第3回目「商品ワードを決める」
2011年03月28日
「ネットショップ運営」 オンラインセミナー
第3回目: 「商品ワードの選定」
○重要商品ワードを10程決める

顧客がどのようなキーワードを入力して、貴方のネットショップサイトへとたどり着いたのかを調べるのは比較的簡単です。
そのような中から、ショップの運営の中核的な方針を、柔軟に変化させる必要があります。

食品を例に取ってみますと、
珈琲の通販サイト等では、様々な競合ショップが、ネットショップ・モールに参加しています。数百件規模に上ります。
その中で、優位性を築くのは容易でなないでしょう。
そのような状況で、後発ショップの不利を挽回する方法もあります。
先ず、「珈琲 通販」が代表的な表記と考えられます。
その他にも、「コーヒー 通販」「ネット通販 珈琲」等様々なタイトルがイメージできます。その中で、数量的な多いキーワードは、表示件数ですぐに把握できます。
百万件以上の表示件数の場合は、迂回しながら進む方法をお薦めします。

むしろ十万件程度の表示結果のキーワードに重点を絞りながら、そのポジションで5位以内を目指すのが、早く売り上げに繋がる公算が高くなるでしょう。
例えば、珈琲ならば、商品産地別で工夫をする方法も考えられます。
「モカ・キリマンジェロ・ブルーマウンテン・コロンビア」等と通常商品ラインナップの他に、強みのある商品を扱える「ブラジル産」を豊富に揃える等して、一つの商品の専門性を高めますと、アクセスされやすいサイトへと繋がるので、検索表示にも、貢献する場合が増えるでしょう。

商品の深みを追求するのが、中小ネットショップでは、重要なポジションを獲得しやすくなります。

   コメントは、ホームページ制作 神戸企画部

このページのトップへ