トップページ オンラインセミナー 「ホームページ制作」    第3回 「タイトルとキーワード」を配慮する

神戸ホームページ制作/新着情報

 オンラインセミナー 「ホームページ制作」    第3回 「タイトルとキーワード」を配慮する
2011年03月22日
「ホームページ制作」オンラインセミナー   
第3回 「タイトルとキーワード」を配慮する
○重要キーワードの選択

ブックセンターで本を選ぶ時は、タイトルが最も重視されます。
タイトルによって、その本を手に取り、購入を決めるといっても過言ではありません。
それほど、タイトルは重要な要素になります。
「売れる」事と「評判がいい」は別の要素です。
先ず売れる必要がありますが、内容の伴わないものは、評判を勝ち得ることはできません。
これは、商売の原則の、「売れる」事によって利用者が増える。そして利用した人が満足をしてその商品を再度購入されるリピーターになる。という過程をたどります。

さて、お客様との接点を持つためには、ネット上では、検索エンジンから情報を取得する必要があります。その際に、タイトルを重視しているのです。

商売上重要と考えるキーワードを埋め込みます。
例えば、「東京 世田谷区 美容室」としてそのあとに店名等を記述します。
このようなタイトルは、商売と直接関連し、どこの制作会社においても、重要なタイトル文としてお薦めされるでしょうか。

さて実際のユーザーが検索されるのは、タイトルだけではありません。
・キャンペーン中
・クーポン
・シャンプー割引
等、実際の利用者にとってメリットを感じさせる言葉も、同時に入力される場合も当然出てきます。
どのようなキーワードがよく使われるかは、アドワーズやオーバーチュアで広告を出せば検索結果のデーターの取得も可能です。
既にホームページをお持ちの方では、WEBマーケティングを実施することも可能です。
様々のキーワードを柔軟に活かされ、ネット展開で有利な営業を実施してください。

    コメントは、Webコンサルティング担当

このページのトップへ