神戸タウン情報

トップページ「弱い立場の人生」 ネット小説
広告申込

神戸タウンガイド

「弱い立場の人生」 ネット小説
2016年07月10日
上下関係の形成 

人間は生まれた時から存在の強弱にあります。
赤児は無力で、他の捕食者の餌食となるのが自然界の法則のようです。
これらの自然に形成される強弱関係は、そのまま上下関係も作り出します。

上下関係は存在の束縛とも言えるでしょう。

下の立場の人は、弱者が普通になります。
上下関係も実際は変化していきます。
退職するまでは、上司であっても、定年後の嘱託社員になりますと、
正規社員より待遇面でかなり見劣りがし、弱い立場になってしまうでしょう。
このように状況は常に一定ではなく、強弱や上下関係も変化するのがわかるでしょう。

その法則を知ると、人は少し賢くなります。
「偉そうに振舞う」自分への反省材料になるのです。

老いては子に従え、自然の摂理です。
狼は、老いると、群れから追い出されたりするようです。
厳しい自然の淘汰を感じさせます。

上下関係や強弱関係を認めながらも、お互いが何らかの形で
支え合う関係性にも時に気づくといいでしょう。

このページのトップへ

広告申込  運営:マーケットコム「タウンガイド」編集部  神戸タウンガイドへ

碁フレンドシップ
神戸WEBナレッジコム
神戸ホームページ制作
C言語とJavaの
プログラミング入門